賃貸物件を借りる時に賃貸保証会社を使わないで借りるとお得です

賃貸保証会社は中間マージンです

オーナーから見ると賃貸保証会社を付けると、家賃滞納時の督促を任せられるので管理が楽です。手数料がかかるもののローンを組んで大家を行っている場合には、手軽な方法として導入が増えています。しかし、入居者にとって賃貸保証会社は何の意味もありません。なぜなら、入居時と毎年保証会社利用料金を負担する必要があるからです。特をするのはオーナーで、費用は入居者負担という明らかに不公平なシステムと消費者金融出身者が多い賃貸保証会社による追い出し行為が社会問題となっているので、どうしても賃貸保証会社の利用が必要な場合には信販系を利用すると良いです。

保証人を付けて借りられる物件の入居率は高い

インターネットを利用して賃貸物件の検索を行うと、保証会社必須と記載された物件ばかりとなっています。チェーン展開されていない不動産屋を回ると分かりますが、保証人のみで借りられる物件は存在しており人気が高いために飽きが少ないと教えてもらえます。不人気物件や大家が物件管理をしていない場合など、従来の大家ではなく投資物件として賃貸経営をしているオーナーの物件の空室率が高いので、インターネット上では保証人を付けて借りられる物件が少なくなっているのです。

長く住むなら保証人を付けて借りよう

大家さんの顔を分かった上で借りる賃貸契約であれば、安心して借りられます。保証人を付けて借りられる物件の多くが、大家が自主管理または入居者のサポートを行っている信頼性の高い物件となります。同じ条件の賃貸物件で迷った場合には、保証人のみで借りられる物件か交渉してみると良いです。不動産会社自社管理物件ならばすぐに大家へ確認して対応してもらえますが、他の不動産会社管理物件を仲介している場合には回答に時間がかかるか門前払いとなるのです。長く住む賃貸物件は余計な費用を避ける工夫をすることが大切です。

札幌市北区の賃貸では、充実した設備を誇る物件が多数存在しているため、快適な暮らしを実現する上で大変役立ちます。

You may also like...