引越しが決まったらすぐに賃貸契約書を確認

賃貸契約書の解約予告期間

引越しが決まったら、まずは賃貸契約書に書いてある、解約予告期間を確認しましょう。これは賃貸契約を結ぶにあたって、法律によって必ず賃貸契約書に記載するよう定められている大事な項目です。期間は上限が3か月と決まっていて、多くの場合は家主が1か月に定めています。人気物件や学生専用物件だと、2か月とか3か月になったりもしますね。家主に引越しすることを伝える期限を定めたものだから、短いほうが借り手は助かります。

口頭で大まかに伝えたいが

解約予告期間より前に家主に引越しすることを伝えておけば、解約日までの家賃を支払うだけで済みます。でも、伝えるのが遅れると、例えば伝えてから間もなく引越しても、伝達日からひと月分の家賃は支払わなくてはなりません。だから引越しが決まったらすぐ伝えたいところなんですが、口頭じゃなくて文書で伝えるとなるとそうすぐにとはいきません。解約日を書き込まなきゃならないからです。いったん伝えた解約日は、変更できませんので。

ひと月後を解約日とできるか

いずれにせよ、ひと月後までは家賃を支払うのだから、解約日はひと月後としたいところですが、果たしてその日まで、荷造りが間に合うかどうかが問題です。伝えた解約日は後ろにずらすことはできませんから、荷造りが間に合いそうもなくなったら、引っ越し会社の荷造りサービスを利用してでも、その日に明け渡さなくてはなりません。余裕を持たせて解約日を設定していたほうが、かえって出費を抑えられる、ということもあり得ます。

札幌市東区の賃貸マンションは、地震に強い設計がされてあるだけじゃなく防犯セキュリティも充実した安全性が抜群の賃貸マンションです。

You may also like...