老後の為のマンション経営についてのこと!

いざとなれば売ることもできます

マンション経営を老後のためにやっている、という人がいます。これは悪いことではないですがリスクも意外と高くあります。それでも十分にリターンは期待できますし、そして、出来るだけ老後の豊かな生活のためにやってみることをお勧め出来るのは確かであるといえます。そして、マンションですから、いざとなったら売ってしまう、という手もあるのです。投資額がとんとんまで行けば後は売ってしまう、という考えの人も少なからずいます。

土地があるのかどうかについて

土地があればそれを生かすべきです。では、土地がない人はマンション経営ができないのか、といいますとそうした側面は確かにあります。どうしても土地のあるなしによって左右されてしまうことがあるからです。それが借金に関することになります。つまりは、マンションを建てるときにお金を借りるとなりますと土地があったほうがよいのです。それを担保にすることができますし、それだけでも相当に有利になることは間違いないからです。

老後によいのかどうかについて

家賃収入というのは、長く安定しているのであればこれは途轍もなく有難いことであるといえるでしょう。しかし、老後に良いのか、というといくつかのデメリットもあります。一つは人に任せるしかない、という状況になってしまうことです。さすがに歳を取ると自分でやることが難しくなってしまうことが多くなるからです。但し、相続税などから見れば意外と有利なことが多いです。マンションとして遺産を遺すことができるのは大きいのです。

マンション経営を始めるにあたり、長期的に収益が見込める物件の選び方を正しくマスターすることが大事です。

You may also like...