同じ賃貸物件内で引越しをするとこんな利点が

家賃を下げて募集したら

大規模賃貸物件では、同じ集合住宅内での住み替えもよくなされています。住所もほぼ変わらないので、通勤通学にも影響はありません。もし、空室率が高く、家賃を下げて募集していて、長く住んでいる世帯の家賃はそのままだったら、募集中の部屋に住み替えると家賃が下がりますね。空き室状態が長く続いていると、入居後一定期間の家賃を無料にしたり、礼金をゼロにしたりとさまざまなサービスがおこなわれていますから、初期費用も安く済みます。

敷金は基本的に戻ってくる

部屋の住み替えをおこなうと、原状回復費用がかかる、と心配する向きもありますが、国のガイドラインが出ていますので、敷金は基本的に返ってきます。部屋を明け渡すときに完璧に掃除をして、クリーニング代を請求されるのを防げば、他にはさほど心配はいりません。長く住んだ場合は特にそうです。経年劣化部分の取り換えは家主負担です。壁や床を通常使用以上に傷つけていても、経年劣化分は差し引かれますので、たいした出費にはなりません。

最新設備にリフォームされた部屋に

募集中の部屋は、最新設備にリフォームされていてきれいです。キッチンやバスルームの給湯設備も、交換されていることが多いです。数年でより便利な新型が出ますからね。家賃も下がって、最新設備で、壁紙も床も新品で、といいことずくめです。近隣の環境がそれほどよくもない場合は、住み替えのチャンスでしょう。同じ集合住宅内なら、家族で手分けして荷物を移動させればいいので、引越し会社を頼まなくて済む可能性があります。

帯広の賃貸では、優れた防音性を確保している物件が多く存在するため、より快適な日常生活を送るために役立ちます。

You may also like...